知っておきたい!マナーを守る大切さ

聞く人が心地よい言葉づかいを身につけることは、人間関係に役立ちます。

知っておきたい!マナーを守る大切さ

マナーを守る大切さ

人間関係を円滑に進めることが出来る人がいます。
その人は周りにいる人がどのようなタイプの人であっても、仲良く付き合っていくことが出来ます。
中には少し個性的な人もいます。
若干首をかしげたくなるような振る舞いをする人もいます。
とっつきにくい人もいます。
それでも、そのような人も含め、どのような人とでも良好な関係を築くことが出来るのです。
人は誰でも、自分自身がそうなりたいと考えているのではないでしょうか。
では、どのようにしたら生活の中で出会う種々の人と、平和な関係を築いてそれを保っていくことが出来るでしょうか。
一つ鍵となるのは、マナーを大事にすることです。
親しき仲にも礼儀ありという言葉があります。
この言葉は真実を伝えています。
人によっては、あまりにもかしこまった接し方は堅苦しくて仕方がないと感じます。
もう少し胸襟を開いたフランクな話し方をした方が、本心が分かっていいと感じるようです。
たしかに、本心を伝えあえる関係というのは、魅力的なものです。
しかし、本心を伝えあえる関係にある人同士であっても、先ほどの格言は当てはまります。
気心の知れた間柄だからと言って、厳しい言葉づかいをしてもいいという意味にはならないのです。
そこは、マナーが必要なところです。
このマナーには、言葉づかいが含まれるのです。
マナーと聞くと、高級レストランに行った時の食べ方や食器の使い方などが思い浮かぶかもしれません。
しかし、そのようなごくたまの機会以外のマナーの方がはるかに大切です。
つまり普段の言葉遣いです。
聞いた相手が受け入れやすいような親切な言葉づかいは大切です。
それが旧知の間柄の友人同士であったとしてもこれは当てはまります。
むしろ、そのような間柄の人であればあるほど、丁寧な言葉遣いの意識を思い出した方がいいと言える場合もあるでしょう。
このようにマナーにのっとった言葉づかいを意識する人は、相手がどのような人であっても気持ちのよい関係を築けます。

お役立ち情報



Copyright(c) 2016 知っておきたい!マナーを守る大切さ All Rights Reserved.